プットファーム(PUTFARM)

農業は「土づくり」から「気候づくり」へ

農業は「土づくり」といわれ、それぞれの土地の匠が経験と勘で耕したり肥料を入れたりしてきました。しかし、収穫までは、除草作業・害虫対策・自然災害や異常気象等の天候不順に振り回され、生産量・品質は不安定でした。

そのため、極めて清潔、完全無農薬、安定供給と、ほぼ完璧に「安心・安全・安定」な完全人工光型植物工場が注目されています。
しかし、コスト面や栽培経験の問題から事業参入は保留、という声があります。

そこで開発したので「プットファーム」です。

プランツラボラトリーと東京大学が共同開発した、全く新しいシステムです